昔は結構徹夜して飲んでたのに、最近は飲みにも行かない。鬱かなぁ。

20~30値段の時分はウィークはじめで故郷合唱団の一団があって、結構早朝まで居酒屋で飲んでたな。
そうしてそのまま始発で帰って、シャワーだけ浴びて寝るなんてザラだった。
合唱団の合宿では、それこそ早朝5折まで飲んだあと少し寝て、8時折朝飯を食ってたんだから異常です。
まぁ修練中に交わるのはご愛敬ってところかな。
ディーラーの飲みも日曜日は早朝までパッケージが多かったから、2太陽誘発何て事もよくあった。
考えてみれば本当に熱情だったなぁという。

それが45を過ぎたエリアからか、合唱団の一団そのもので酒を飲み込む事さえしなくなった。
修練時間は全然貫くのに、一丸さっさと帰って仕舞う。
ディーラーの飲みははじめ次会で適当に舞い戻るし、帰りの電車まずはつい寝ちゃうしで、弱くなったもんだという。
営業にもどんどん自負が持てなく変わるし、もう何だかボディーも心的もクタクタイメージが否めない。
監督は名ばかりの単なる雑用スタッフだしね。
これで夫人との関わりが悪かったらというとゾッとするけど、賢くいってるポイントだけが今のお守りかな。http://fashion-networks.net/

わかっていたけど年齢からのライフサイクルへのマイナス。これ以上のプロセスを阻止したい。

40代になり年代をもらいざるを得ないことが増えて来るのは仕方がないとしても日常的なことだと本当に外出することすら気掛かりになってしまうのでどうにかして戦略したいと連日おもう。特にここ2~3年激しい気がする。老眼はタブレットの所為もあってテンポが速い気がするし夕暮れ~夜になると本当にテレビウィンドウすら見ていて苦痛に見える時がある。体の消耗もちょっとショッピングを通して長期間歩いただけなのに翌日、筋肉痛になっていたり清掃なども普段より念入りに雑巾がけをしただけで翌日、ゲンコツがダルい気持ちよく筋肉痛・・・ちびっこを産んです状態、30代になった時もあ~年代とったな~と想うことはあったけど先ほど深刻な感じではなくてまっ仕方がないなと笑えたのだが今は本当に怖くなる時がある。今年は春から初夏にかけて忙しくて平年、行っていたダイビングも行けてなかったのをお盆休日の時間があるら行ったら見事に泳げない、25メートル泳いだらもう休まないと次に行けない、明らかにスタミナが前年より落ちておる。前年までは時季初めの時は体力的にも慣れるまでばてたりしてたが、2~3回も泳げば平年通りのスイミングが出来ていたのに今回はとりあえず休み休み泳いで1時間こなし、帰宅して夕ごはんの備えを通して家庭をこなして7状態間、眠たくて眠たくて仕方がない。毎日、寝落ちとめるこちらが気が付いたら寝ていた。30食い分ぐらい。慌てて寝る整備を通してちびっこに疲れたから交わると話し翌朝、7状態まで爆睡した。子供が肘痛がる場合の疑うべき症状